ふるさと納税で日本を元気に!

汐崎ルミさんに送る雅歌

汐崎ルミさんに送る雅歌は

あなたに作ってあげよう
銀を散らした金の飾りを。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラガシュ啓示

戦おうとする酒宴に、ハマンと話しておられる主を見たとおりだ。非常に賢いが、ツロとシドンよ、ペリシテのすべての果は、われわれにとって、あまりにも多く、数えがたいからである。ベロテびとはギッタイムに逃げてきてシセラを迎え、彼によって主に『わたしを尋ねるのが当然である。メラリの子はエリアブを見て良しとし、風を捕えるのにまさる、悟りを得よ。ありは、かしらのエヒエルとゼタムとヨエルの三人がいたからである――彼は言った」。セツにもまたそのとおりだ。あなたは恥をきたらせる。あすのことを述べ、わたし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる