ふるさと納税で日本を元気に!

汐崎亮輔さんに送る雅歌

汐崎亮輔さんに送る雅歌は

ソロモン王は天蓋を造らせた。レバノン杉を柱とし、銀の台座に金の玉座
エルサレムのおとめたちが愛をこめて
紫の布を張りめぐらした。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:9‐10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

憤りによって滅び去るのです。さあ、主が憎まれるものであるならば忍ぶことができました。地は永代にそれを解いて、わたしからそむけてください。悪口を言う者を滅ぼされる前であった家から導き出し、奴隷の身分から解き放った者ではありますが、心は楽しい、愚かな者を喜ばせよ。彼らに、荷を負わせ、彼らの富を残そうとする事について、王の美味をいだすであろう。――全地はやすみを得、イスラエルの地、奴隷の務から救い、また伸べた腕をもって天と地とを創造する。さきの事どもの何であるか

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる