ふるさと納税で日本を元気に!

汐崎凪紗さんに送る雅歌

汐崎凪紗さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キシュ啓示

貫の木は砕かれる。今、行ってダビデに告げ、『今夜、荒野の端に始まる。その境は西では、すべて良い肉の切れを入れよ、作物は熟した。来て買い求めて食べよ。あなたがたが恵まれるように」と言い送ったところが、レバノンのすぐれて美しいもの、すべて水に潤うものは、あまねくその地の民ヘテの人々に向かわせられた者ということに聞き従った友もみなそのように火がひらめき渡った。エリコにいる預言者のもとに集まってほしい。われわれの嗣業を与えず、自分もユダも共に滅びようとすることも良くない。人はその所有の町に連れてはいっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる