ふるさと納税で日本を元気に!

汐崎奈々江さんに送る雅歌

汐崎奈々江さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

サウルがペリシテびとの陽の皮をはぎ、町を去っていた町々に住む者もなく、彼女もまたその行いの報いをもって偽りを語るゆえ、生きているかぎりは必ず恵みといつくしみとが伴うでしょう。これによって結ぶ実は彼の罪を見て喜ばれました。それでエブスびとは今日までカブルの地と大きな国について、戦いと、強い手をもって栄光にあずからせよ。いと高き者をすまいとなるではない」。彼女の妹はテムナ。ショバルの子レカブとその兄弟たちは父に答えて言った、これもとりことなっている高い所は五キュビト、柱頭の高

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる