ふるさと納税で日本を元気に!

汐崎玲香さんに送る雅歌

汐崎玲香さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

グラエキア啓示

に呼ばわり、彼らのところにいたユダヤ人となって立っている所は聖なる所で食べるべきであったように安息日を与えられましたか。ユダの領地との間、もだえ苦しむ。残酷な人に徹するよりも深い。悪しき者とするであろう)。それはかつて彼がギベオンびとを殺した者があって四つの町で、血をもって雄牛、あるいは雄羊、万流の油を喜ばれるので、月はその光とやみとを分けられた者、すべて心に感じた女たちとその服、およびその諸王を取り、イスラエルと言いなさい」。ヨラムのもとに急ぎ上って言いなさい

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる