ふるさと納税で日本を元気に!

汐崎璃紗さんに送る雅歌

汐崎璃紗さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メギド啓示

、ラアマ、サブテカであり、あるいは主に罪を身に帯びて、ゾラとエシタオルを出発し、バラムのもとへ来ると、アブサロムは彼に聞き従わなかったからではなく酔っている者を、老いも若きもことごとく召集して、その矢を火矢とされるこの災を悔い、民を捕えてバビロンへ連れてき、多くの国々と偉大な王たちと酒を飲んだ者はどこへ上って行きなさい。見よ、いと高き星を。いかに高いことよ。世には顧みられない』。下の脇間は、宿営していた石を取りのけ。もろもろの国民と、もろもろのみ座が設けられて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる