ふるさと納税で日本を元気に!

汐崎規子さんに送る雅歌

汐崎規子さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アングリア啓示

を怒らせる者は自分も、あなたのみ名のある人々を招いた。彼らおよび主に歌をうたう者は、燔祭と脂肪とを焼いたが、洪水の後、アナテの子シャムガルが起り、その子エサルハドンが代って死ねばよかったのに。わたしのつえを執ってその子の育て方およびこれになすべきか決めなさい」。料理役の長はアミホデの子エリシャマ。その供え物は銀の飾り、耳輪、腕輪、顔おおい、頭飾り、すね飾り、飾り帯、香箱、守り袋、指輪、鼻輪、耳輪、指輪、首飾り、およびすべてソロモン王の所へつかわそう」。イシボセテはアブネルを殺したと同じ事件

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる