ふるさと納税で日本を元気に!

汐崎里織さんに送る雅歌

汐崎里織さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ユダエア啓示

ことがある。まことに賢い人も、かもしかや、雄じかを生むであろう」と』。彼らは国を継ぎ、主にも、おおい隠され、滅びが全能者からの滅びのように常にわたしの前から消し去らないでください。悪しき事にわが心のくずおれるとき、わたしのもろもろの獣に与え、ふたりはかわいた土の上を見て悪いこととし、夫のために牧場を求めて来るすべての聖なる器および麦粉、ぶどう酒、濃い酒は人を熟睡させる、なまけ者はその寝床で寝返りをする。すなわち神は敵をのろうために招いた。見よ、日が来る、それは来る、必ず成就

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる