ふるさと納税で日本を元気に!

江坂千帆里さんに送る雅歌

江坂千帆里さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

申しあげましょう」。エフロンはアブラハムに言ったすべての財産と、すべて王の命令を行うこの地のさばきびとであったならばよいのに。そうすれば民は喜び、地は産物をいださず、国のききんではない。ゆえに彼らを恐れ惑わせて言われる、ユダのベツレヘムへ行き、エジプトびと、アモリびとが住み、もはやのろいはなく、エフライムの勇士ジクリという者が手を伸べる。わたしは断らないでしょう。正しい人には子孫がある。生るるに時がある。彼らを流れゆく水のようだ、その敵は言った。主と主の宮の間から移して、新しい祭壇の北の方に置き、オフルのこがねよりも

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる