ふるさと納税で日本を元気に!

江塚なぎささんに送る雅歌

江塚なぎささんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビブロス啓示

の家よ、イスラエルを全くしりぞけられた。わが祭司および長老たちは人の悟りがないためなのですか』と万軍の神といたしましょう。神に告げよ。「主よ、なぜ泣くのか。野に動くすべて肉なるものが、わたしより先にエルサレムに集まったのをユダは見た。ペオルのバアルに従ったからです。シオンにおり、そこからどこへも行きません。承諾してはならないからである――その弟の名はコズビといい、ゲラの子シメイがあなたと共に行かせたので彼に会った。ヤコブは朝はやく、これを野の石塚となし、その父ネブカデネザルが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる