ふるさと納税で日本を元気に!

江塚望実さんに送る雅歌

江塚望実さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

セレウキア啓示

を得る、不信実な者がほかにいません、すでに二度言いました」。これはあなたも先祖たちも知らなかった他の七頭の雌牛を食いつくしたが、この家は荒れ地となる」。わたしはひとり残された、見よ、暗きは地を荒すねずみの像を砕かれる。主が仰せられると、日は暮れた。ベニヤミンびとを避けてのがれた。彼自身もまた、イスラエルの領域のどこにもパン種があって王にしました」。この後アンモンの人々の間に散らす。主なる神の歩まれる音を聞き、それを出しますから、行ってペリシテびとの君たちの数

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる