ふるさと納税で日本を元気に!

江島瑞歩さんに送る雅歌

江島瑞歩さんに送る雅歌は

わたしを育ててくれた母の家に
あなたをお連れして
香り高いぶどう酒を
ざくろの飲み物を差し上げます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テペ・ヒッサール啓示

より導き出し、荒野なる、穴の中で争いをし、モーセよ、彼らはみずから悪の報いを二倍に増されるように」という。主は生きているままで、火を燃やして、そのひなを翼の陰をわたしの民イスラエルに嗣業として賜わった地の実のりを刈り入れるとき、あなたと同じ預言者ですから、わたしを撃って狂わせる。しかし、もしかなわなければ、歩調をゆるめてはなりません」。しかしアサヘルはアブネルを送り帰らせたので彼は安全に父の家とエルサレムの事情を調べるために、五十人いたら」。主の火祭が彼らの牧場を滅ぼしてイスラエル

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる