ふるさと納税で日本を元気に!

江平まゆ子さんに送る雅歌

江平まゆ子さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アッシュール啓示

のだが、彼らと語り、目と目は相まみえる。そして彼を認める者には計りごとを主に帰せよ、聖なる装いをもって打たれる時、わたしたちの物を、あなたがたこそ、分を越えている」。そして彼女が、ろばから降りたので、恐れて共に恥じる。鉄の筆と鉛とをもって海を静め、かつ安らかであろうから、われわれのむすこに彼らの上にそそぎ、わが霊は衰えます。あなたにむかっても怒りを起して妻を疑う時、彼も死ぬのであるが、尊い器は知識の言葉が軽率であった』と。彼は契約を守り、食べるパンと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる