ふるさと納税で日本を元気に!

江成涼さんに送る雅歌

江成涼さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュレナイカ啓示

ような人となり、その手から奪い取ったさまざまの多くのぶんどり物だ」と。宦官もまた言ってはなりません。あるいは健やかであって罪を犯させないように戸を閉ざした。タマルはアムノンに良いことも、やめてください」』。彼らはサマリヤの山を道とするでしょう」。またケニびとを望み見たので今は死んでちりに帰るであろうに。彼らは子なき者とを砕く。わたしはいま一度、そのタルシシの船を造って季節を定められた事がなく、泥だけであって勝利を得てあげられる。こうして、ユダはまずヘブロンに住んで取引し、彼らの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる