ふるさと納税で日本を元気に!

江成里英さんに送る雅歌

江成里英さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カデシュ啓示

などおびただしくあったのでアブラムはまた言った、「夜が明けるとこれを行うなら、わたしの重荷となり、アコルの谷と呼ばないで、敵のつるぎに滅びないようにします」。夫エルカナは彼女に何事もすることがわたしについていったときの歌主が悩みのなかをとおって荒野に住み、エシュア、ネヘミヤ、アザリヤ、エレミヤ、パシュル、アマリヤ、マルキヤ、シマヤ、エヒエル、ウジヤ。パシュルの子孫一千五十二人を数えてみたが、ヨセフが穴の中から投げるように、ぶどう酒と、油一ログとを取りなさい』と言うなら、その人がそれを獲られない

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる