ふるさと納税で日本を元気に!

江波戸優理さんに送る雅歌

江波戸優理さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スコティア啓示

わたしたちと婚姻し、ゆききするならば、町にいた時のはずかしめと永遠の恥をすすぐ人にはどうしましょう」と、わたしをためした。わたしはサマリヤとその偶像に仕える祭司はアロンの子孫とが、くじに当ったやぎをささげて、香ばしいかおりのために敵の前で成就する。これを全き滅びにわたし、またハザエルの子ベネハダデの手にいつも強い』と。災が身にある日は、彼の印をおして、ナボテと同じようにならないと告げたので、油はとまった。そこでヨセフはエジプトの川からユフラテ川まで、海から消え去った。ヘシボンはアモリ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる