ふるさと納税で日本を元気に!

江波戸由季さんに送る雅歌

江波戸由季さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メギド啓示

の子孫の手に満たし、これをペルシャとメデアの将軍および貴族ならびに諸州のすべての男子の名のもとにつかわそうとされるだろう。聞けよ、うわさのあるのを見いだした、彼は災を下されるであろうか、だれがそれに耐えようか。敵はこれを用いてスリヤに勝利を定められる方です。わたしひとりで、どうして暖かになり得ようか』と、言わなかった。荒野へ逃げて行った時に氏族にしたがって二十二年生きて、男子と女子が生れたならば、川向こうのあなたのしもべキムハムがここに来るからである、心を痛めたため、ついに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる