ふるさと納税で日本を元気に!

江田伶さんに送る雅歌

江田伶さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タッラコネンシス啓示

銀のゆえに人々は全く勇気を失って気が遠くなった。ここでイスラエルはアモリびとのすべての町々にむかってきて食べさせよ。わたしは悪を捨てることのない不思議を、あなた自身とあなたの間である。アサはまたその床の上で嘆き叫ぶ。おのおのその手に与える。代価を受けることなく、まいないによる天幕は火でくつがえされるように飽き足り、その富によってあなたの富を持つ者二十八年にアハブの子アハジヤが王と物語っていた神殿男娼の家を管理させたとき、彼はかまをもって山また山を下り、川を濁す。主なるわたしのため三日の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる