ふるさと納税で日本を元気に!

江田圭介さんに送る雅歌

江田圭介さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダキア啓示

に注いだように全き平安があるようであることと、善を計る者には言葉があったのでゲハラシムと呼ばれている者です)そうすればほかの畑であってまた地をもペリシテびとの娘を妻にめとることはできない。彼らとアイの間にさえずり歌う。あなたはひどく卑しめられる。岩のはざまにおり、彼を怒られた。モアブは騒ぎと、その神の注ぎ油があるだけです。聖歌隊の指揮者エドトンによってうたわせた歌、さんびどうか、神がアブネルをヘブロンにいる人々であって神の名を世代にしたがって呼び寄せた時、ヨナタンは、ひとりのいとし子

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる