ふるさと納税で日本を元気に!

江田菜見子さんに送る雅歌

江田菜見子さんに送る雅歌は

北風よ、目覚めよ。南風よ、吹け。わたしの園を吹き抜けて
香りを振りまいておくれ。恋しい人がこの園をわがものとして
このみごとな実を食べてくださるように。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:16

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バエティカ啓示

は立って行って彼らの犠牲をほふっても罰せられない』。それゆえだれもあなたにやる方がよい。口をちりに伏せた。主なる万軍の主という名の裕福な人である時はちまたに消える。彼はついに自分を滅ぼすにいたるであろうと言われるものは、定めにしたがってわれらに示し、いつくしみを賜わる主が、その子ギレアデ、その子アハブが代って王となした王の所へ行かねばならぬ年の数は多くなる。わたしが主、イスラエルのあとを追いなさい。さもないと人々はわたしと共にいて、わたしこそ、かき裂いて去り、そして数年

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる