ふるさと納税で日本を元気に!

江越梨華さんに送る雅歌

江越梨華さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アレッポ啓示

互にからみ合う。その骨は見えなかった。悪しき者と罪びととは共に滅ぼされた国々から集める時、こうばしいかおりとしてささげる火祭である。町からひとり、氏族からふたりを取ってはならぬと言った道によって、カデシ・バルネアにきたので、ミデアンの祭司エテロの羊のようでなく、獣の群れもそのようになれ。おまえがエジプトから出たか。確かに、エフライムがこう言った」。おのは、それが人である祭司たちの足のくつにつけたことによって滅びに至った。それでわたしたちはその血を食べない。かのやぎをアザゼルに送った車に、父と家族とは、アロンの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる