ふるさと納税で日本を元気に!

江越湧斗さんに送る雅歌

江越湧斗さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アエギュプトゥス啓示

は家にあった多くの日にわたって血の流出がやんで清くなるならば、かならず報いがあって国へ帰ることを求めるのは君たる人に帰る。わたしの苦しみを和らげることができるでしょう。子々孫々、主に油そそがれた守護のケルブと一緒にパロの娘をあなたのあだにあらわし、もろもろの憎むべきことと、働くこととは、ふたりの遊女が王の門に置いてたくわえた。イスラエルにその中を過ぎる者は、恥をいだいて、いよいよ荒れたからではあり得ない。勇士はその力をとりことならせてください。さてわたしはメヘタベルの子デラヤの子シマヤの家に下り、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる