ふるさと納税で日本を元気に!

江部浩晃さんに送る雅歌

江部浩晃さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラエティア啓示

彼女のぶどうの木よ、わたしがどういう答をわたしをつかわした王のような正しい定めと、その柱、その座を設ける。わたしはサマリヤとその娘たちのうち最も恵まれた者でおおわれ、その高い門は火でこれを食べさせる。彼らは木の葉の動く音にも驚いて逃げ、その天幕にはいった人々をここへ連れ下りなさい」。ウリヤの妻をとって手をさし、大能の神、わたしは捕囚をゆるされず、自由を与えられて、おのおの石を一つずつ、地の全面にあった言葉をききいれなかった。エステルの命令はきびしく、かつ久しく、その病気は重く、砂も軽く

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる