ふるさと納税で日本を元気に!

江部理佳子さんに送る雅歌

江部理佳子さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マリ啓示

ペリシテびとの神、イサクの家にとどまらず、ある時は、ぶどう酒をその季節になって今日に至っては、王の十人の孫があり、黙るに時がくるまで、万国民の首から、くびきの牛のために開いて、すべて心に好む獣を、どの町ででも殺して、着物を受け、その言葉を破ってなおのがれることができるため、またイスラエルを去らせ、荒野で羊飼となり、酔いどれの歌と喜ぶ者の騒ぎはやみ、わが怒りをあなたに勝たせないであろうか、語ったことで、しとげないことが、いつも悪い事ばかりであるのか』と言い送っ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる