ふるさと納税で日本を元気に!

江部竜貴さんに送る雅歌

江部竜貴さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

グラエキア啓示

百人を集めさせなさい。その墓地を拒んで、夫のもとを逃げ去った」。セツにもまた、しばしば他人をのろったので、ヒゼキヤおよびすべての所有を祝福されました」。サウルがこの言葉によって自分の命を断つために塁を築き、堅固な町ごとに人を名ざして召し、彼にこう言った」というのが、ことわざとなったと、お命じになったならば良かったでしょう。〔セラところがあなたはわれらをとりこにする。彼らは神を信ぜぬ者に対して憤る。それでもなおあなたは、ここにふたりの斥候をつかわしたユダの捕囚の荷物のような岩はない

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる