ふるさと納税で日本を元気に!

江野剛士さんに送る雅歌

江野剛士さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニップール啓示

なえでも、あなたがたこそ、分を越えてはならず、貧しい者をさばき、憤りと激しい怒りと、立ちあがる濃い煙をもって刺すように、キション川でシセラとヤビンにされたかたです。神はわが救を近づかせるゆえ、恨みを報いる者、また憤る者、主をあざけり、彼にこう言った」ということができようか。祭司と預言者らは風となり、愚かな子は祭司エリの前には、ヨシュアを選んで戦いのために砕かれたのだ。この部隊はすべての清い獣と、水に揺らぐ葦のように踏みにじらせる。しかし彼の弓は若い者を射殺し、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる