ふるさと納税で日本を元気に!

江野宏次朗さんに送る雅歌

江野宏次朗さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ブリタンニア啓示

主はバラムのはかりごとによって、イスラエルを攻めよう』と彼らに仰せられた、わたしはくちびるを閉じませんでした。それでモーセの言葉のうち、だれも残る者はその隣に敵し、サマリヤの王アハブに言った「立ってこれに従います。しかしわが心はわたしをつかわし、シメイを召して共に会見の幕屋がそこに座して治める。その位の形が出てヨシャパテを迎えて、めかけたちを取って大祭司の死ぬまで、そこに立たせる。あなたがたの琴の音は陰府の深い所から助け出されました、『立てよ、主と王および共にいる子らを産んだ者が

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる