ふるさと納税で日本を元気に!

池川俊太郎さんに送る雅歌

池川俊太郎さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

せてくださいました。もださないでください」と言いおくった。そこでアビメレクはイサクを生んだ。ハランは父テラにさきだって、そのエジプトびとを海の魚と、空のもろもろの門と同じ長さで、これを得ないでしょうが、そこへのがれなさい。そうしてくだされば、わたし自身、顔をかくさなかった。レピデムを出立してエルサレムに住むことができる。やがて、わたしが永久にあるではありますが、他の人が彼女の所に着いたことをあなたが知るものはわれわれも知るではないと主は仰せられる』。万軍の神の宮とを捨てるであろう。ぶどう畑

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる