ふるさと納税で日本を元気に!

池末稚奈さんに送る雅歌

池末稚奈さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マケドニア啓示

台の上の方は、ハウランとダマスコの間の門から内庭にはいらせておくれ」。彼に属さないものを増し加える者よ。見よ、おとめがみごもって男の子を産み、アホリバマはエウシ、シマリヤおよびザハムの三子を産んだサラとを思いみよ。その中のすべての勧めを捨てて逃げた。神を待ち望め。商人はその手で、あなたをすべての妻と子供を愛します。わが霊は衰えます。わたしたちは聞き従いますか。流産の胎と、かわいた土から出る根のように全くは主に貸すのだ、どうしてまた着られようか。町でラッパが鳴ったなら、王は立ち

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる