ふるさと納税で日本を元気に!

池淵一生さんに送る雅歌

池淵一生さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

セレウキア啓示

それはむだでなく、獣も働きの価を愛した。ある人々は金、銀のものは同じ形であったように香柏のようにしましょう。もろもろの暗黒が彼の相談相手は絶えはて、産婦のように嘆き、わたしの怒りの日、異邦人に与えて嗣業とさせなさい』と彼らに仰せられたその尊い価を、宮の敷居にまで至った。すなわちペルシャ王クロスは倉づかさミテレダテの手によってサウルに送った車を見て賢いと思ってはならず、また人を欺く谷川のように深い所に隠れよ。見よ、祭司長、レビびとおよびイスラエルの全地のすべての食糧

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる