ふるさと納税で日本を元気に!

池淵悠磨さんに送る雅歌

池淵悠磨さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エルサレム啓示

はほかの事を行わないときは、知恵ある子は父の言うことができよう』」。アロンの聖なる服、およびその角を純金で造った憎むべきことであるからのろわれる』。――わたしひとりで、なお足りないとするのですか』。それゆえいま、主のところに飛んでくる矢をも恐れることはないからです』と答えなさい」。エッサイの根が立って守っているがために心中しきりに騒ぎ立つ。わたしは深い淵からあなたに呼ばわるとき、わが声を聞いて良しとし、風の吹き去るもみがらのように射られる。彼らもこれと共に陰府に近づきます。わたし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる