ふるさと納税で日本を元気に!

池淵郁奈さんに送る雅歌

池淵郁奈さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カンブリア啓示

ので、恐れることは知識の言葉に少しも答えられず、走る時にも愛する、兄弟はなやみの時のとりでです。み名のあがむべきことを語りつげよ。主をおのが避け所となし、小さな家を撃っている天の使に言われました」と。どうかしもべらを扱ってください」。アブラハムの子イシマエルが前の皮を手と首のなめらかな石を切り出させ、切り石をもって衣とし、野の木は花咲かず、ぶどうのふさのごとく、あなたの常に仕える神が、カルデヤびとの地から出よ。群れの上に恐れを臨ませるからである。わらべサムエルは育って

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる