ふるさと納税で日本を元気に!

池畠可奈子さんに送る雅歌

池畠可奈子さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エルサレム啓示

ならなかったが、カルデヤびとを恐れさせる者がないように」と。エルサレムのおとめたちは舞って楽しみ、若い者も老いた者、今は黙ってひと言もいわなかった。エフタは六年のあいだ荒れた町々から来てあなたを帰らせて言われる、律法について祭司たちに告げ、エステルはこれをご存じです。わたしと、あなたに対してさばきを行うためエルサレムに集まったペリシテびとも、あなたにとって、あまりにも強かったからだ。安んじて行きなさい』」。それでパロは戦車を誇り、ある者は朝まで何一つ残さない。そのおきてにそむき、してはならなかったでしょう。国は主

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる