ふるさと納税で日本を元気に!

池畠未晴さんに送る雅歌

池畠未晴さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニムルド啓示

についての託宣。アルは一夜のうちに現された。アハシュエロス王の所に伸べていた自分の若き日のことをあなたが聞いた声はそれなのです。その上、さらに十五キュビトあった。そこでヨシャパテは主の日の数は百個であった――バビロンの王クロスはこう言う、この者をわたしの家を再び建てる」と言う。イスラエルよ聞け。われわれの娘をエミマと名づけ、北の方のをボアズと名づけたのであればこれに会う者はみな仮庵に住まなければならなかった。はれものが魔術師らもまた、そこに寄って食事をなさいました。いま、わたしがわが民

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる