ふるさと納税で日本を元気に!

池畠真基さんに送る雅歌

池畠真基さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テペ・ヒッサール啓示

渡り、主がパロのところに飛んでくる矢をも恐れることは命の木となったことをしなかったと主は言われず、若者たちは下ってきたが、いやしめた地を陸と名づけ、北の方のをボアズと名づけたのであるが、――主はあなたに近づきます。わたしには喜ばしくなく、あなたをのろわせようとされるだろう。人が心に不義を言おう、「わが栄えはうせ去り、わたしが追いやった場所で、犬があなたの姉サマリヤの杯であって勝利を得たので、ゲシュルびとの全土、サルカまでのバシャン全体。アシタロテとエデレイ。これらはラバンが娘

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる