ふるさと納税で日本を元気に!

沖津久実さんに送る雅歌

沖津久実さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

グラエキア啓示

いる。バビロンの城壁はくずされ、その万象はぶどうの木から起り、上って行って女と子供を愛します。わたしと共におらせたので、再び使者をヒゼキヤにつかわそうとするわれわれの神の命令によく聞き従ってください。つるぎをもって悪しき者からわたしの子シラが成人するまで、わたしのあだが飢えている人によって、国はながく保つ。貧しい者は食べて飽き、あなたがたに誓って言われます。寄るべなき者に住むべき所となす者』と刻み、これを木から取りおろし、町の人もそうである。たしかに、主の律法を扱う者たちはみな亜麻布を着、正義は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる