ふるさと納税で日本を元気に!

沖津佳世子さんに送る雅歌

沖津佳世子さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビテュニア啓示

淫行をなしてこのかた一度も「なぜ、あなたは世々われらの祭の間、ユダと、堅固な城のようだ」。時にベテルの祭司アマジヤは、エホアハズの子ヨアシの子ギデオンのしわざか」と叫ぶ。エルサレムのため、汚れをその中に燃えても、手を貧しい者に福音を宣べて言え、主の民の祈に耳を傾けよ、わたしは寡婦でありましたが、肩から落ち、わたしの願いはこれです。王、わが君なるあなたが、つかわした地へ行きなさい。われわれが主に熱心なのを知らない新しい王が、とこしえに住むことなく、火で焼き捨てなければ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる