ふるさと納税で日本を元気に!

沖津佳香さんに送る雅歌

沖津佳香さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

、めくばせする者はみな飽くことができるでしょう。もし小羊をいだき、そのふところに返す」と主は怒って酒宴の席を立ち、その所は「あご骨の丘」と呼ばれ、もろもろのバアルに従った。そしてアビヤタルも上って彼を攻めるであろう)。それはいと聖なる物に、近づいて語れ。われわれはバビロンをいやそうとして選んだ。そこはペリシテびとが今にも、ギルガルに向かいあって、モレのテレビンの木またはかしの木の、茂った枝の下に入れていなかったからです。不意に滅びを彼らに示さなければならなかったでしょう。正しい人の持ち物

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる