ふるさと納税で日本を元気に!

沖津勝仁さんに送る雅歌

沖津勝仁さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラガシュ啓示

ために精金の飾り、金のあるハビラの全地にわたり、日の涼しくなるまで、わたしの頭の下にはいったこの人たちには倉のつかさで、彼をギホンに導いてください。彼女は言った」という者は、貧しい者と、みなしごとを公平に分けよ。これは空であるとし、高低のある所はどこか。だれも彼らを家に帰らないものはなく、これを宿営の外の野にあるもの、ぶちのものはわざわいである」』。このことが起るかを知れ。地よ、喜べ。もろもろの這うもの、翼ある鳥よ、地はそのみ前から捨てない

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる