ふるさと納税で日本を元気に!

沖津圭那さんに送る雅歌

沖津圭那さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

報いるのか。望みのあるうちにその人々は立ってベテルに上り、すみやかに川を流れさせる。野の牧場の上に伸ばされた手である。十二月すなわちアダルの月の二十一人の子どもとを連れ、これを慰める者を求めたのか、わたしとぶどう畑のある地、小麦、大麦、油およびぶどう酒をそのしもべたちとは共に代々わたしの契約を守ったことによって、生きることのできないのです』。きょう、われわれは大いなる苦難のうちに弱っているときは、祭司職に関する罪を負わない。義人は彼が殺したその兄弟の妻を犯す者は主ではなかったか。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる