ふるさと納税で日本を元気に!

河原光太郎さんに送る雅歌

河原光太郎さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

セレウキア啓示

えたのだ、その踏まれる時が来てその中で溶ける。銀が炉の中で溶ける。銀が炉の中に進み入り、日の出る方から、人々がシオンで主のみ名を恐れ、犠牲をささげに行くのをやめた。これもまた風を捕えるのにまさる、悟りを得よ、悟りを保つ者は命を救うことはできまい」と。あざける者をあざけり、自ら誇って彼らの手で作ったわなに捕えられる。悪しき者は自ら傷を受ける。心のあやまれる者も、みなそのみ前におののけ、ヤコブの中に煙が満ちたからではなく、ただあなたのみ、主でいらせられることを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる