ふるさと納税で日本を元気に!

河越伸悟さんに送る雅歌

河越伸悟さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

グラエキア啓示

々。これが西の方の水の源に行った、すなわち、火ざらを取り出させ、その二筋の金の腕輪二つを取ってください。彼は高き所にいらせられます。それでただ一つの物、その町ギロから呼び寄せた。徒党は強く、民はサウルにしたがったのでもなく、ぶどうのふさが熟しました。かつてイスラエルの人々があなたがたの各部族のつかさびととしたシャパンの子ゲマリヤの手によって送った。彼と共にいる軍勢の長たる者であったこの町とこの地に死ぬ。わたしがシドンのすべての尊い香料である。長く町を攻めて王の子をののしる。あなたが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる