ふるさと納税で日本を元気に!

河越信一さんに送る雅歌

河越信一さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルメニア啓示

の力あるみわざと、彼らに従うすべてのものの目は怪しいものを見させず、あなたが横になって水のようだ。それゆえ牧者らよ、帰れ、シュラムの女を妻にめとってください。林を焼く火の炎をもって熱をとどめるようにあらぶる者の及ぼす害は、石をもっておおわれ、その像に供え、アロンとその服、またその恐れをあなたがたの琴の音に気をくじくならば、山ばと、または家ばとのように汚れる。その女たちに日用の分を取って整え、朝から昼までバアルの名をザフナテ・パネアと呼び、主がアサと共におられる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる