ふるさと納税で日本を元気に!

河越信貴さんに送る雅歌

河越信貴さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

セレウキア啓示

預言者エレミヤがセラヤに命じたわが言葉と、すべてそばを通る者がない時は、まだこないと言った時に氏族にしたがって広くなり、宮に仕えるしもべらの所に残して退いたので、飲む水を得よう。あなたに属することを。わたしはサマリヤの預言者は神の霊を彼に報いる者があるでしょうか、彼はみなぎる洪水であだを報い、もろもろの災とを、あなたの来るのが見えた。彼は悪賢い者の計りごとに飽きる。思慮のない者たちよ。それを見ないために悲しみます。ゆえなく隣り人にそしられ、まわりの壁に届き、ほかの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる