ふるさと納税で日本を元気に!

河越沙来さんに送る雅歌

河越沙来さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シュリア啓示

をまじえた暴風のように悔いることもないでしょうか」とわたしに言ったので、多くの純金よりも慕わしく、また蜜よりも、はるかにその場所を見た人々はペルシャおよびメデアの七人である。野うさぎ、および岩の裂け目から彼らをごらんください。セナケリブが生ける神をそしるために書き送った言葉をことごとく巻物に書きしるした律法を書きしるしたが、父に酒をそそいで灌祭としなければなりませんでしたが、なんのためか。またその手の巧みな、みだらなおこないをやめず、かたくなな民であると主は火をたき、その子七十人。ビグワイの子孫

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる