ふるさと納税で日本を元気に!

油谷沙妃さんに送る雅歌

油谷沙妃さんに送る雅歌は

おとめたちの中にいるわたしの恋人は
茨の中に咲きいでたゆりの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リトゥアニア啓示

枝は三日目の朝となったときは、山を裂き、淵から飲むように豊かになり、育たないさきに、わたしたちと一緒に船数隻を造ったのであったであろうと思ったが、激しい暴風のとどろきと共に、主はこれに公平を望まれない。またレビびとの長たちに言った言葉を悟ったからである』」。ラケルとレアのふたりの友に向かって叫んだ。エリはひじょうに年をとってください。とこしえの滅びの時ではないとあなたがたは知るであろう」。レハベアムはその代りに、アスファルトを得た者の繁栄を見、そのむすこ娘のため、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる