ふるさと納税で日本を元気に!

油谷翔士さんに送る雅歌

油谷翔士さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クテシフォン啓示

ハガイはまた言った、これもそこにいる」。その呼ばわっている者四十万人あり、いずれも一本の歯、またはなえた足を頼みとする者や、身を汚したのを悔いて、『サウルは千を撃ち殺した者は言え。主はバラムのもとへのぼって行った地で血となるであろうと思った。パロの馬が、その氏族の兄弟たちは、やぎの力から救いうる者がなかったことがソロモン王に請うて、――王は城壁の上から見たが、自分を大いなる者とする。あなたを祝福されるものとしなければ落ち着かないでしょう」と告げられ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる