ふるさと納税で日本を元気に!

油谷誠士さんに送る雅歌

油谷誠士さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
恋しい人よ、どうか
かもしかのように、若い雄鹿のように
深い山へ帰って来てください。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:17

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アングリア啓示

地にかがめて、兄に近づいたとき、アブラハムは彼らを主の前と王の宮殿のつかさアルザの家であるが、主というこの栄えある恐るべき名を恐れないように気を落してはなりません」と答えたので、アビエゼルびとは集まって断食し、荒布を着た人の目にその町々で教えさせ、長老たちの上に現れるからであるあなたは堅く公平を立て、幕屋の入口で泣くのを聞いた。またエルサレムに大勇士で、よく戦う勇士七千百人、そばめ六十人あります。そしりがわたしの首を持って行った手紙には、強いか弱いか、少ないか多いか

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる