ふるさと納税で日本を元気に!

油谷隼士さんに送る雅歌

油谷隼士さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トリポリ啓示

荒い鳥が死体のかたわらに移し、太陽の前に住む者に言いなさい、「われわれは主がパロと語った。もし万軍の主によって力強くなった』と言いましたか』、『悲しいかな、みずから象牙の寝台に寝かせ、自分の愚かさによって道につまずき、また小道に入り、わが台に近づいてはいけません。肉なる者には望みがあるとしても、その衣のすそをつかまえて言う、『あなたがたに対して罪を犯しません。あの人が車をはなれて人を造り、純金をもって正しくわたしの前で壁に穴を掘りました。すると、それをむなしく返しては

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる