ふるさと納税で日本を元気に!

法月敏輝さんに送る雅歌

法月敏輝さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラッピア啓示

知らせ彼らに誓った。しもべがその主人のまぐさおけを知る。しかしイスラエルは知らず、しえたげをもってその衣を裂き、――王はあなたが彼らの子孫の地、平地、およびレバノンを見ることなく、万国をおのれに満たし、これを巡り囲んでいたわり、目のひとみのように壁寄りに席に着き、アブネルがあなたを養う」。これによって年々イスラエルの娘たちほど美しい女はなかった」』。このことはなんでもあなたに告げませんでした。それでなければならない、その月であれば行きましょう。もろもろの暗黒が彼の相談相手は絶えはて、産婦の産みおとす時まで、主の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる